スルメのブログ

Rustとか近況とか

バイト辞めた後の生活への影響など

ベンチャー企業バイトしてましたが結構前にやめました。

暫く経ったので生活にどんな影響があったのか書こうかなと

  • 早起きになった
    いままではタスクで夜遅くまで作業してたり、疲れとかで早起きできず大学の1限(9:00から)に出席するのがつらかったのですが、最近は6:00に起きるようになり活動時間が増えました。

  • Slackの通知音に恐怖しなくなった
    バイトの連絡がSlackで、自分のタスクとかの急な連絡がシフト外に来ることが当たり前なうえに急な依頼とかされることがありSlackの通知を聞きたくなくなるような感じでしたが、最近はまともになりました。ただ、今でも友人のSlackの通知音に反応してしまいます。

  • あまり愚痴らなくなった
    バイト辞める直前くらいの時とかは結構Twitterに愚痴ってしまったり、友人などにも色んな愚痴をしてしまってたのですが、最近はかなり量が減りました(多分ほとんどしてない(?))。

  • 贅沢できなくなった
    バイトをやめたのでバイトからの収入は断たれてる状態です。とは言ってもここで言う贅沢は本が一冊買える程度です(5000円くらい)。

こんな感じで色んな変化がありました。
バイトやめたらモチベ下がりそうだと思ってたんですけど、意外とバイトやってた頃とモチベ的なものはそこまで変化はないです。(寧ろ今のほうがモチベ高い)

ここに書いてあることは、あくまでも僕個人の変化なので絶対こうなるとは限らないので注意してください()
お金が欲しいのでバイトしたいけど、個人的に接客業はしたくないなぁ

言語実装したいなって話

唐突にプログラミング言語を作りたくなったので勉強してます。

まだ勉強中ですが、正規表現を用いた字句解析とcaperでparser作って文法規則を作って構文解析しようかなと。caperがC#にも対応してるみたいなのでC#C++どっちで実装しようか悩んでます。正直GCほしい。

ニコニコ学会β・実行委員長 江渡浩一郎さんの話を聞いて

長いタイトル申し訳ありません。

先日、自分の大学にニコニコ学会βの実行委員長である江渡さんのお話しを聞くことができました。内容としては「江渡さんがどういう人生を過ごしたのか?」や「ニコニコ学会βとはどういうものか」・「共創プラットフォーム」などについてです。

今回最も勉強になったのは、ニコニコ学会βあるいはニコニコ技術部などもそうですが、自分の生み出した発想または自分が好奇心などから作り上げたものには大きな価値があり、それを共有することにより新しい発想が生まれるということです。自分はよくニコニコ技術部の動画をよく見ていますが、自分が思いつきもしない想像が見れて、そこから「これができるなら、こういうのもできるのでは?」とよく思うことがあります。そこから生まれる発想の連鎖はとても大切ということが改めて分かりました。そういったところで大事になってくるのはやはり共創プラットフォームだと思います。

学生に向けての一言ということで、このようなことを言われました。

「面白そうなものに積極的に取り組め」

自分がプログラミング始めたての頃の気持ちを思い出してくれるかのような言葉でした。自分がプログラミング始めたて(今も)の頃は面白そうな技術に興味津々で「どれから手を付ければ・・・」と右往左往でした。いまは自分の真にやりたいことを見つけましたが、それだけをやるのではなく、軸として色々な物に触れていきたいと痛感するお話でした。

「もっと技術がほしい」「新しい発想がほしい」

「あぁ^~もっといっぱい開発したいんじゃぁ^~」

ものすごく、こんな気持ちになれるプレゼンでした。

やっぱり自分が楽しめるものを作るというのは最高に楽しいし、その完成したものを見るのも楽しい。あれ開発って楽しくね?と思える内容でした。また多くの技術を見ることもできたので、そのなかで自分の技術力の無さに改めて失望しました。きちんと勉強します・・・

ニコニコ学会βの実行委員長である、江渡浩一郎さん本当にありがとございました。

またこのような場を作っていただいた方々、ありがとうございました。

もっと勉強して圧倒的技術力がついたころにもう一度、江渡さんのお話を聞きたいと思いました。内容が薄目で申し訳ありません・・・

 みなさんも面白そうなことを見つけたら、すぐにでも取り組んでみてください!

自分は「あぁ^~もっといっぱい開発したいんじゃぁ^~」って言って、もっともっと取り組んでいくことにします。

青軸キーボード購入

こんにちは。スルメです。

自分はG-tuneのノートPCを普段使っていてキーボードを気にしたことは特にないのですが、先日友人と自作PCを作ったのでキーボードが必須となり購入いたしました。

友人は青軸を使っていて、よく遊びに行っていたときに叩いていたのですが、その時の青軸が奏でる音に惚れました。その結果、もし買うときは青か黒を買おうと心に決めていました。

購入したのはこちらです。

f:id:slme9364:20160102120215j:plain

HAVITさんの青軸キーボードです。

自分はまだタッチタイピングできない面と、いままでバックライト付きのキーボードを使っていたのでUS配列+バックライト+青軸という面で探していました。

使い心地としては、どうしてこの青軸の素晴らしさに気が付かなかったのだろうという実感がかなり強いです。叩けば叩くほど耳が幸せになり指が勝手に動くような感覚に浸っています。やはり今まで使ってたキーボードが安いせいか、ものすごく叩きやすく感じます。キーボード入力が全く止まらなく長文を書くことでさえ苦ではない、そんな感じがします。もし次キーボードを買う機会があれば、友人が進めてくれたキーボードを買おうかなと考えています。

ちなみにこのキーボードバックライトの機能が無駄に高くて、使い道あるのか?と感じるところがありました(恐らく気分とかで使い分け?)。画像では緑にしていますが、ほかにも青、赤、白、黄色、ピンク、水色などの色があったり、キーボードの区域を分けて違う色をだす(虹みたいな)こともできます。一つ良いと思ったのがバックライトの明かりの調整ができるとこですね。眩しすぎるのは目に良くないので・・・

皆さんもぜひメカニカルキーボード買いましょう!

違った世界が見えてくるとおもいます!

 

ブログ始めました

新年あけましておめでとうございます。

ちょうど新年ということで前からやってみたかった事を積極的にやろうと思いまして開設致しました。

このブログに自分が学んだことを進捗報告的な感じで上げていけたらなぁと思います。(あとは共有したいことなど)

実際ブログは初めてみたいなもんで他の人のもそこまで見たことがないので恐らく雑になってしまいますがご了承ください。

三日坊主と自覚してるので、長く継続する自信はありません(震え声)

よろしくお願いしますー